水星部屋

映画や本などのよもやま話。 海外もの(ドラマとか)が多いかも…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奪還

奪還―引き裂かれた二十四年 (新潮文庫)

奪還―引き裂かれた二十四年 (新潮文庫)
(2006/04)
蓮池 透


お正月から固い話ですいません。
(あ、遅くなりましたが、あけましておめでとうございまーす

拉致被害者 蓮池薫さんのお兄さん・透さんの手記です。年末に読んでみたんですけど、面白かった。いや、面白いなんて言っちゃいけないけど、本当にこんなことがごく普通に暮らしていた市井の人々に起こったんだなぁと改めて驚いたし、怖くなりました。
ご本人もつらいけど、ご家族も大変でしたなあ…。
政府の無能さについては実に手厳しく、個人名を挙げてバッサリ斬り捨て御免(笑)
政治家も田中O紀子さんとかパフォーマンスだけで中身がないとか、いやもうこんなこと言って大丈夫ですか蓮池さんと心配になるくらい辛辣ですわ
唯一がんばってくれたと評価されてたのは、安倍さんだけだったかな。

しかし、外務省も政治家も警察も頼りにならんのぅ…。読んでてイ~ライラした。(はー
私が読んだのは 2003年発行のハードカバーなんだけど、上記の文庫版のほうが、加筆修正された新事実もあるそうでこっちのほうが良さそうです。
「一時帰国」ということで帰ってきて1週間くらいはお互い何を話したらいいかわからなくて、相手の気持ちを探り合ってるようなのがもどかしいです。家族なのに24年も引き離されてたから…(涙)
「弟は洗脳されている!」と感じたお兄さんは、家族や弟の親友たちと一緒に寄ってたかって説得するんだけど、ちょっと薫さん気の毒だった。
20年以上も異国で自分の人生と気持ちに折り合いをつけてきたのに、それを全否定されたらどうしたらいいかワカランかったでしょうなぁ…。まあでも周りの皆さんの愛と支えのおかげで、大混乱も乗り越え自分を取り戻していかれる様子は感動的でございました…。

まだ解決してないから、話せないこともいっぱいあるんでしょうね。
続編もあるし、ご本人の薫さん視点の本も読んでみたいです。
読んだらたぶん感想書く…と思います。(たぶん)


ところで、石けん無しライフ 続けておりますよ~
温泉行った時はさすがに石けんで体洗ったんだけど、体はともかく手がちょっとガサガサしちゃいました(とほ)
やっぱ手の脂分て不足しがちなのかしらん。
まあ温泉つかってるうちにしっとりしてきましたけど…(さすがだ)
それと温泉でお酢の匂いまき散らすわけにもいかんので、備え付けのシャンプー・リンス使ったけど、髪ボハボハになっちゃった…(がっくし)
やっぱりお酢の威力おそるべし!

コンディショナーの時は、頭皮に液がつかないようにしてたんだけど(かゆみの原因になるとか)、お酢は思い切って頭皮までつけてマッサージするようにしたら、なんかいー感じ。
かゆみが抑えられるような…? このまま続けて様子見ますね。
えーと、まだ 『24』 とか 『容疑者Xの献身』 とか 『40女と90日間で…』 とかいろいろ書きたかったんだけど、時間ないのでまた次回…
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mercurysdiary.blog70.fc2.com/tb.php/91-a724ab4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。