水星部屋

映画や本などのよもやま話。 海外もの(ドラマとか)が多いかも…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

24の日

やっぱしジャックあっての24だあねぇ
24 -TWENTY FOUR- シーズンV
キーファー・サザーランド
(2007/11/22)

見ましたシーズン5。シーズン6の宣伝で深夜に放送してくれたので(嬉)
いやーなかなか面白かった。いい加減マンネリ化しそうなもんだけど、お約束な展開もまた
それでこそ24やで~♪ と楽しめるようになってきました
それにシーズン1の時みたいに、「えええっ!? この人がッ?」みたいなビックリシーンも結構あったし。

ついついあちこちでネタばれを見てしまっていたので、最終回にジャックがどうなるか知ってたのがちょっと残念。でも終盤のあっと驚くバタバタ展開は、ちょっと無理もあるけど上手いと思った。
それにつけてもローガン大統領夫人すごいわ。目的のために売国奴とも寝るのね。スパイに転職なさったらどうかしら(笑)

ジャックがあの後どうなるのかものすっごく気になって、今にもレンタル屋に走るところだったけど、それでは奴ら(だれ?)の思うツボ。
なのでグッと我慢してネットであらすじ見てみたら、シーズン6はそれほど面白そうでもなさそう(をい)。
おとなしく来年テレビ放送されるまで待ちます(こら)

ところでシーズン6のコマーシャル面白いですね
俺は~ジャックぅバウア~♪(YouTube)ってやつ。
こんなアホなCM考えるのは関西人に決まっとる!と思うんですが、どうなんでしょう(笑)
声優さんもワザと(?)音はずした哀愁漂うサラリーマンのおいちゃん風なのが最高です。
一緒に放送されてる『プリズン・ブレイク2』のCMがまた可笑しかった。
「そんな話で24に勝てるか!」
というマイコーの無表情が実にイイ。こういうCMやると声優さんの録音現場もなごむだろうなぁ。

ところで先日、本屋で雑誌眺めてたら、驚きの記事(表紙)がッ
見ないで!…と言われても
ダ・ヴィンチ 2007年 11月号 [雑誌]
(2007/10/06)
メディアファクトリー


見ないで! 私たちの秘密の花園・ボーイズラブ大特集


…って、 なんじゃそら


『ダ・ヴィンチ』っていうタイトルから何となく男性向け硬派な雑誌かと思ってましたが、ちょっと趣き違いましたね(→目次

パラパラと見ただけですが、作家の紹介で「榎田尤利はハズレなし。どれを取っても面白い」みたいなこと書かれてて、ちょっと感心しました。私も大好きな作家さんだけど、いまいち知名度低いというか、あまり評価されてないような気がしてたので…。でもBL界で着々と地位を築いてらしたのね(嬉)

もうじき待望のラブトラ番外編が出るので、今からそわそわしておりま~す
やっぱり沓澤さんでしょう!

ダブル・トラップ Love&Trust EX.

(2007/11/09)
榎田 尤利
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mercurysdiary.blog70.fc2.com/tb.php/69-2f578fc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

恋について (Holly NOVELS)

美形でない、エリートでない、金持ちでない、ゲイでもない。しかも大人同士。さらに片方は結婚1年目(少なくとも最初はそう思われている)。これが一体どうして恋愛になるのでしょう。とてもうまい。男女間でもありそうな、臆病な大人の恋愛模様のお話になっています。非常

  • 2007/10/20(土)13:03:34 |
  • さくらの日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。