水星部屋

映画や本などのよもやま話。 海外もの(ドラマとか)が多いかも…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年4月

前の日記(2005年2月~2006年6月)のログをいちおう保存しとこうと思いまして、こっちに1ヶ月分まとめてコピペすることにしました。別に読み返しはしないけど、消すのもなんだか寂しいので…(by 管理人)

********************************************************


Shall We Dance? と国宝とアイ・ロボット

いや見たのは2週間以上前なんですけど、書く暇なかった…。で、ほとんど忘れてます(をい) でも3本とも面白かったので、レンタル半額デーとかにはお勧め。特に、『ナショナル・トレジャー』は私好みのお気楽娯楽大作に仕上がっていてことのほか楽しましてもらいました。まあちょっと豆の使い方が気に入らんけど、お豆さんいぢめられるの慣れてるからね(*^_^*)

『Shall We Dance?』 はダンスやってるママりんが見たがってたので借りたんだけど、これもまあまあ面白かったです。でも日本版のほうがやっぱりずっとイイですけども。あと、リチャード・ギアって腐ってもギアというか俺様というか、バラの花一輪持って奥さんとこ行くシーンは 「ひぃ~かゆ~」 とぼ~りぼり掻いちゃいました。あーホントきっざー!(おぞ)

『アイ・ロボット』 は前評判もよかったので結構期待してみたら、期待通り面白かった。というか私がウィル・スミス好きなのが大きいと思うけど。
「イっくしっ! あ~ごめん、オレ嘘アレルギーなんだ」というシーンのくしゃみは、加藤茶と勝負させてやりたい上手さです(*^_^*)


そうだ、Aさんからナルちゃんの動画を教えてもらったんでした:

http://www.youtube.com/watch?v=ylSliz8NakA&search=Johnny%20Weir

レプレイするとキレイに見られます。どうもカバちゃんとか山咲トオル系統のキャラだなぁ…。ココロはお姫様なんでしょうか(ほのぼの) しかしお姫様は値切るのか?(…)

そうそう、おととい『管理人は見た!』ページを復活させたんでした。ココでお知らせしようと思ってたんだけど、エイプリル・フールだと思われたら困るしさ(^^;) いやまあ全然更新もしないし、いまさらなんだけど、王子の学校編とか結構見る人多いみたいなんで、いちおう戻しました。


2006年4月3日(月) No.102




このところ…

立ちくらみがひどくてヤバイ。

いや立ちくらみくらいどってことないんだけど、私の部屋は2階にあって、下に行こうと立ち上がって階段に差し掛かったところでちょうど気が遠くなるので、ヘタしたら頭からまっさかさまだな…。
まっさかさまに落ちて死ぬならまだいいけど(をい)、はんぱに骨折とかして病院に担ぎ込まれたら困る。だってあたし普段は仕事着という名のパジャマ姿で要するにとっても汚いカッコなもんで、こんなんで病院連れてかれたら末代までの恥さらし。いっそ死ねとおっしゃって、てなもんです。

死んでたら家人が「ぎゃっ!」と叫びつつもよそ行きに着替えさせてから警察に電話してくれるだろうし(…それもやだな)

眠いので寝ます~。


2006年4月8日(土) No.103




海辺のカフカ

海辺のカフカ 【上巻】 【下巻】 村上春樹著

なんでもノーベル文学賞の前哨戦となる有名ななんちゃら賞(名前忘れた)を獲ったとかテレビで言ってたので、そうかそんなに評価されてんなら読んでみるか、ってな感じで軽い気持ちで読み始めたらこりがなかなか面白かった…。上下巻いっきに読んで8時間くらいかかっちゃて、肩こりました。いや~相変わらず不思議ワールドでしたけどね。それと村上らしく淡白な性描写と濃厚な残酷描写(形容詞が逆でもよい)。猫好きなくせにああいうこと描くかなフツウ…(-_-;)

面白いといっても前半謎がばんばん散りばめられて、いったいどういうオチになるんだろうと先が気になって急いで最後まで読んだんだけど、謎はちいとも解決しませんので、読後かなり欲求不満になりました。やっぱり賛否両論あるみたい。結局ナカタさんはなんだったんだろ~とか、15歳のくせにジムに通ってボディービルディングなんかするかよ、とか、血友病でげえの人はえっちするたんびに病院行きになるんじゃないかとか、しょうもない疑問ばっか残ってしまったんですが。(誰か答え知ってたら教えて)

これでノーベル文学賞なんか獲れるのかな。ちょっとフェミニストの描写がステレオタイプで偏見に満ちてるような気がするので、こういうのは文学界ではかなり嫌われるんじゃないかしら。まあでも最近BLばっか読んでたので、久しぶりにまぢめな純文学(?)読んで新鮮でありました。オススメなのはおすすめです。

そうそう、前ちょっと感想書いた 『ハッピー・アクシデント』が次の火曜日深夜(19日水曜早朝)に BS2 で放送されますので、ぜひ見てね。

http://www.nhk.or.jp/bs/navi/movie_td.html#200604190050

これ日本ではビデオリリースもしてないので、TV放送を見るしかないんです。できれば永久保存できるように録画しておくとヨイです。私は前回失敗して激しく後悔しました。ネットでも録画テープ譲って欲しいといった投稿をよく見るので、皆さん同じく苦労されてるみたい。あ、といっても劇場公開されてない低予算映画の割りによく出来てるってだけで、そんな死ぬほど面白いって訳じゃないですよ。あんま期待しすぎないように(をい)


2006年4月16日(日) No.104




金球賞授賞式 2006

ゴールデングローブ賞ダイジェストを録画したまま見てなかったのを思い出したので、(かなり)ほこりにまみれたテープ引っ張り出してきて見ました。なんか和やかな雰囲気でよろしおすなぁ~。

ジョナサンの受賞スピーチほんとにカタイですね。緊張してたのと、歯科手術の直後でまだ痛かったのかな? 目血走っててちょっと冷や汗かいてて、なんかアヤシイ人に見えてしまいました(^^;) スピーチも面白くもなんともないクソまじめなこと言ってましたしね。や、必死だったんだろうけどさ(笑)。スピーチでのユーモアのセンスは(アメリカでは特に)大切だから、ホアキンみたいにちょっとくらい笑いとって欲しかったな~。そういえば最後のほう、ホアキンに「受賞おめでとう~」みたいな感じで話しかけてたけど、2人なんか接点ありましたっけ? ほんの一瞬だったんで何話してたかわからなくて残念。

それから、びごと監督のちっす、みましたみました。ほんと一瞬クチかと思ってびょ!でしたけど、あれはほっぺですよね…(残念)。でも賞に全く興味ないびごたんが出席してただけでびっくりでした。ゴールデングローブだからかな。オスカー授賞式には絶対出てこないような気がする。だいたいプレゼンターやれ、て話はいっぱい来てると思うけど、やだって言いまくってるのかしらん。

セシルなんちゃら賞をサー・ホプキンスがもらってて、過去の出演作の名場面が流れたのを見てたら急に『羊たちの沈黙』が見たくなっちゃって、これまたホコリだらけのテープ引っ張り出して見てしまいました。この作品、はじめて見た時はあまりのグロさにゲーとなって二度と見るかケッ胸くそ悪い、て思ったけど、10年以上経ってやっとその良さが(ちょっと)わかってきた…かな。やっぱりレクター先生はすごい(ていうかサーの演技が最高)

以前、映画のヒーロー&悪役トップ50とかいうランキングをやってたんだけど、確かそんときのトップ3は

     【ヒーロー】         【悪役】
1位:フィンチ(アラバマ物語)| レクター博士
2位:インディー・ジョーンズ | ノーマン・ベイツ
3位:ジェームズ・ボンド   | ダース・ベイダー

となってた。ヒーローのほうはちょっと首をかしげちゃうけど、悪役はさすがというか納得の順位ですね。21世紀にレクター博士を超える悪役は生まれるかしら。サウロン…なんてダメ?(目ん玉だけじゃな)

さて、今日深夜は『ハッピー・アクシデント』、『ハッピー・アクシデント』をよろしく~♪


2006年4月18日(火) No.105




胃カメラのんできました

年末から胃が痛いと言っておりましたのは、実はまだ有効でして、治ったかなと思うとまたぶり返す、というのを繰り返しておりました。もう周りも飽きちゃって、「胃が痛いの~(しくしく)」と言っても「へーほーふーん」状態だったんですけどね。

まとにかく観念して病院いってきました。胃カメラ最近はラクになった、と聞いておりましたが、もともとどんなに大変だったかわからないので、やっぱ大変なもんは大変ですわね。カメラがのど通るときゲホゲホむせたけど、あれが普通なのか、技術者がヘタなのか…?

結局、胃の中は全然問題なく、組織採取もされませんでした(潰瘍やガン様の病巣があると組織取って検査するらしい)。ということは
今までてっきり胃潰瘍だと思っていた胃の痛みは胃ではなかったということに…(くら)
胃潰瘍や胃炎には刺激物がよくないと思って酒やコーヒー・紅茶・緑茶・チョコレートまで控えていたし、繊維も少なめにしてたし、胃が痛い時は大●漢方胃腸薬をほいほい飲んで、すでに2瓶ほど空けてますが、それも
全くムダだった…と。

…やっぱ気になったら早めに病院いきましょうね~。
お医者さんも「4ヶ月もなにしてたの?(呆)」みたいなこというし(そりゃそーだな)。
胃はきれいなんだと聞いて、もう何でも喰うたる!とコーヒーや消化悪そうなものも喰うてますが、確かに痛みにそれほど変化ないみたい。くそー# 今までガマンしてたのがバカみたいだわ~(自分が悪い#)
あーしかし原因が胃ではないとすると、他のもっと厄介な臓器のせいかもしれないので、それはそれで怖いんじゃがのう…(げほげほ) 来週は超音波行ってきます…(よろり)


2006年4月22日(土) No.106




飲んだくれてます

超音波検査いってきました。
そしたら、「痛みの原因は特に見つからない」と言われてしまった。
先生に「ほんじゃこの4ヶ月の胃の痛みはなんだったんでしょう」と聞いたら、「それはようわからへん。まあ心配するようなもんやないから(にこ)」ですまされてしまった…。
おのれぇぇぇぇええ

帰り道にさっそく酒買ってきて飲んだくれてます(昼間から)
ずっと酒断ちしてたのよね 4ヶ月も。全く意味なかったことが本日立証されてしまったけどさ。検査でなんか病気見つけられるのも困るけど、なんも見つからんのもハラ立つわ~# 金と時間のムダだし、色々ぐるぐる心配するのもけっこう消耗するし。

ただし、胆嚢ポリープと腎のう胞の小さいのがあるらしくって、まあすごく小さいから間違いかもしれないし、ほっといても大丈夫なんだそうですが。1年後にでもまた検査に来てくださいね~、と追い払われてしまいました。もちろん胃の痛みとは関係ないらしい。

やっぱりDさまみたいに背中のコリなのかしらねぇ。原因がわからんとナニをどうすればよいやら。だから飲むしかねぇのよ~っとくらぁっ(既にクダ巻いてる)


2006年4月28日(金) No.107

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mercurysdiary.blog70.fc2.com/tb.php/51-fe5eff18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。