水星部屋

映画や本などのよもやま話。 海外もの(ドラマとか)が多いかも…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あらしのよるに

一度映画見たら、このカワイイ絵でさえヨコシマに見える
あらしのよるに スタンダード・エディション

中村獅童
成宮寛貴, 他
(2006/06/23)

なんか腐ったお嬢さん方が萌え盛ってるのは聞いてましたが、これ見てナットク…。

すごい、近来まれにみる珠玉のBLアニメだ…

原作だとヤギのメイの性別はメス(♀)っぽいらしいんだけど、それをまがうことなき男子にした監督はすごい。つーか病んでいる…。
もう全編、聞いたら走り回りたくなるようなセリフがいっぱい。このメイって天然ていうか、魔性の男というか、お誘い文句みたいなのをさらっと口にするからこえ~わ。ガブは完全に身を滅ぼしている…。

「わたしってくすぐったがり屋でね。特に耳はだめなんですウフフ」
「やっと2人きりになれましたね。ウフ」
「わたしたちだけの…秘密ですね。ウフフフフ」
「いま…わたしがおいしそうに見えました?」


もうヒーヒー言いながら悶絶しましたが、同時に号泣。
涙腺壊れたかと思うほど泣きましたわ。はーほんと最近涙もろいなあ…。
種族を超えた禁断の友情、っていうかもうどうみてもラブにしか見えんのですが、やっぱこれが男女の愛ではなくて純粋な友情だから泣けるんでしょうねえ(←しかし不純な目で見ておるのだが)
「命を懸けてもいい友達」ってあるもんなのかな。いやまあピンチの時にとっさに命を差し出す、ってのは分かるんです。でもずっと一緒にいてお話したい友達、っていうだけで、仲間を捨てて命がけで山を越えて新天地に向かうって気持ちがよく理解できない私は底が浅いんかのぅ…。

やっぱこう「ずっと一緒にいる」だけではなくて、イロイロなさる仲だとナットクできるんですが(腐臭)
最初のほう、お弁当を持ってランチしに、ガブ(オオカミ)がメイの後をついて行く時ですが、メイのぷるぷるのお尻がアップになって、ガブが悶絶するのがオカシくってしょうがない。紗がかかってスローモーションでぽよんぽよん動くメイのお尻は、別の意味で実にうまそう。

それから2人の逃避行で、ガブがメイに気を使ってメイが寝た後だけ狩りをしてお食事するんだけど、こっそり帰ってきたガブに、「でも嫌なものは嫌なんです!」とまるで夜遊びしてきた亭主に小言をいうニョーボみたいなメイも笑ったわ
子どもが見たらまた全然違う感想なのかな。何歳くらいからよこしまフィルターを装着するようになるんだか、誰か統計とってくださいませんか(誰に言ってるのか?)

どこかの裏サイトさん(たぶんノーマン関係)で、「あらよる」のページ特設されてて、その時は映画見てなかったので通り過ぎちゃったんですけど、全てを知った今(笑)なら、ぜひレビューとか妄想語りとか読ませていただきたいなあ。でもどこで見かけたのかわからなくなっちゃったんです…。どうか我こそはという方、管理人に連絡くださいませ~。


そうそう、ジョナサン・ファンで腐り仲間(図々しくスイマヘン)の、すわんぷさんのブログ 腐映画の森 でジョナサンの新作 The Tudors の動画が紹介されてますので、ぜひ行ってみてくださいね。
それにご本家のBLCDレビューサイト 声の森 も充実してらっしゃいます
私はこちらも夢中になって読んでしまいました
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mercurysdiary.blog70.fc2.com/tb.php/36-1ab89f57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。