水星部屋

映画や本などのよもやま話。 海外もの(ドラマとか)が多いかも…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰にでも秘密がある

誰にでも秘密がある
誰にでも秘密がある
イ・ビョンホン、チェ・ジウ (2004年韓国)


なんかものすっごく珍妙な映画でした。
わが家ではヨン様とウォンビン以外、韓流スターの評判はよろしくなく、特にこのビョンホン氏なんか、(以下ファンの方は読まないように→)「顔が下品」とか「テキ屋のオヤジみたい」とかもう言いたい放題です(す、すません)。
まあそういうわけで普通なら泣いて頼まれても見ない映画ですがテレビでやってたし、チェ・ジウは結構好きなのでつい見ちゃったんですが…

なんといいますか、わははなんじゃこりゃ!

な映画でした。韓国版『ジョー・ブラックによろしく』とか言われてるみたいですが、そんなお上品なもんでなく、昔テレビでやってた『うちの子にかぎって』(だったかな?)みたいなエッチでおばかなコメディーです。
チェ・ジウの弟くんがまたヤリたい盛りの性少年で、朝寝てるオトート君の布団をはぐと、立派なテント張っててチェ・ジウが「あーもう」と顔をしかめるベタなシーンあったり、とまあそんな感じです(苦笑)

儒教で厳しいはずの韓国なのに、けっこう過激なH描写もあってびっくり。おまけにエンディングに微妙なホモねた(?)もあって2度びょ!?となりました。いやーなんだかんだいって楽しんでしまった…(不覚)


暑いもんでパソコがうをををんうをををんと呻いて怖いです…
仕事しながらも、いついきなり死ぬんじゃないかとヒヤヒヤして毎日ロシアンルーレット状態(ぐったり)。そういうわけでなかなかパソコの前にゆっくり座って日記書いたりサイト更新したり、という気になれないんですの…(ま、今さらな言い訳じゃがのぅ)

ほんというとお勧めしたいBLコミックやら小説が山とあるんですけどねえ(うずうず)
↑やめなさい #
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mercurysdiary.blog70.fc2.com/tb.php/11-88f806e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。