水星部屋

映画や本などのよもやま話。 海外もの(ドラマとか)が多いかも…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男もつらいね

わたし、男子校出身です。

わたし、男子校出身です。
(2008/06/10)
椿姫 彩菜


この人もあんまり好きじゃなかったんだけど(すいません)、性別適合手術(性転換手術)について詳しく書いてる、ってことだったので、かなり興味本位で読んでみました (ますますスイマセン)

結果的には、最近読んだ本の中でも1~2を争う面白さでした。
自分ではゲエやニューハーフ、性同一性障害のかたがたに理解があるほう、なんて思ってましたが、けっこう誤解や偏見があったなぁと反省。
だいたい「理解がある」なんて言い草がすでに上から目線ですもんね。

椿姫さんが、聞かれて嫌な質問の1つが、「いつ女に目覚めたの?」らしいんですが、生まれた時から心は女なので、目覚めるもなにもないんですと。
「脳」は女なので、「女」として異性の男性を好きになり、性転換して体も「女」になるから、ゲイではないと。
この辺、私はごっちゃになってました。KABAちゃんとか IKKOさんは、女っぽくしてるけど、男の体で男が好きだから、ゲイ(?)なのかな。
島田紳助なんかみんなまとめて「組合員のかた」なんて呼んでるけど、椿姫さんには不満なんじゃなかろうか。

とにかく、心は女なのに、体は男に生まれてしまった悲劇が、読ませます。
ママに「あんた、キモイのよ」と言われたり、好きな男子に「おまえがホントの女だったらいいのに…」と言われたり…。
椿姫さんの素直な文章もわかりやすくて良かった。最近のライトノベルズやBL によくある、難しい言葉ムリして使って、微妙に使い方間違ってる、みたいな文章は、読んでてすごく気になるんですが、この本にはそういうのが全然なかった。
この人はフランス語の翻訳もされてるから、わかりやすい日本語を日頃から心がけてるんだろうな。

ちょっと笑ってしまったのが、この人は男の子についてる「お○○○○」という言葉をどうしても書くことができなくて、前についた「しっぽ」などと表現してるのですが、性転換手術について説明するときには、男性器、女性器についてガッツリそのままの言葉を書いてるのでビックリします
若い乙女は普通こっちのほうが書けないと思うんですけどねぇ(笑)

しっかし性転換手術って、思ってたより大変なんですね。単に男の持ち物を取っちゃうだけかと思ってたんですが、女の体に作り変える、ま、ぶっちゃけ「穴」を形成するんですね。
子供生むわけじゃないから、いらんのじゃないかと思いますが、よ、よーするにHできるようにってことでしょうね…(うーんうーん)
これがまた電気メスで切開して、9日間つめものして置いといてから皮膚移植、その後は孔がふさがらないように広げる作業を続けなくちゃならなくて、も~読んでるだけでイタイイタイ…

本の中で、執刀医のDr.サングワンによる手術内容についての書類が紹介されてるんだけど、全く同じ内容がネットにもありました。たぶん、ドクターが各国語で配布されてるんだろうな。英語やタイ語が全くできなくても手術できるそうで、いや~インターナショナルでございますねえ…。
こちら↓の 参考資料のページに詳しいことが載ってます:

性別適合手術(SRS)

この方の手術体験記もすごく面白いです。椿姫さんよりさらに詳しく手術について説明してくれてます。
しかし、こんな大変な手術しないといけないなんて、性同一性障害のご本人も家族も辛いですね。
椿姫さんも手術後、戸籍も女に変えて、家族や親戚と顔を合わせに行くけど、「がんばって」と応援してくれる人もいれば、戸惑ってどんな顔したらいいかわからないような伯父さんもいて、これからが大変そう。

うちも突然にーたんが女になって帰ってきたらどうしよう~。ひとんちだったら理解してあげなきゃ、とか言えるけど、自分の家族だったらショックだろうなぁ(勝手なやつ)
スポンサーサイト

いと~し~さと~ 切~な~さを♪

…兼ねそな~えてる ♪ 男子!!

先週からこの曲がアタマぐ~るぐるして離れません(笑)
ドッキリ番組はやり過ぎだったりして不快なのが多いけど、ロンハーのドッキリは秀逸なのが多い。
どうしようもない勘違い男やドスケベ野郎を懲らしめる内容が多いからでしょうか。

この前のSPドッキリはさすがにちょっと気の毒だったけど、もともと狩野英孝があんま好きじゃなかったのが、(ちょっと)好感度アップしたから、本人にとっては結果オーライだったんじゃないかな。
どうせわかんないと思って、話をテキトーに大きくしたり、って誰でも多少はあると思うんだけど、それを隠し撮りされて全国放送されちゃうなんて、本人にはほんと死にそうな仕打ちですね(笑)
あんなにゲラゲラ笑ったのは久しぶりです。いやーいい笑いをありがとう

確かにすんごい勘違い男だけど、あんだけ乞われるままヘンテコな歌を即興で次々作れるのは、大した才能だと思った(爆)
『インドの牛乳屋さん』 サイコーだったし、『Perfect Love』 も歌いやすくていい感じ。
あと、英語(?)の歌詞テキトーに歌ってるのがアホらしすぎて笑い死んだ…。
なんとなくカッコよくするために、無意味な外国語の歌詞を入れるのは皆やってることだけど、せめて存在する言語で歌ってくれ・・・。
いちおうCD作るつもりだったんだから、外人か英語わかる人に校閲してもらえばいいのに。

まーでも歌詞を超えたメロディーで勝負!なんでしょうか(笑)
なんかもっと聞きたくなるので、曲ダウンロードしたいんですけど、モバイルだけなんですよね(きぃ
ケータイ持ってない日本人(女子)もいるってこと忘れないでほしいな。ったく。
ロンドンハーツ のHPでダウンロードできるので、興味ある方はどうぞ。

プラトニック・セッ…

…クス。

別に笑ってるわけではなく、飯島愛さんの本のタイトル。
まじめなタイトルなんだけど、この手の単語を書くと、その手の方々からのメーワクなコメントがどっと来てしまうので(苦笑)
検索で引っかかるんでしょうかねえ。前に、「エ□」と書いただけで、エ■いサイトからのお誘いメッセージががんがん入っちゃって…とほほ。

ま、とにかく飯島さんの本、読みました。
9年前に出版されたんだったら確かにセンセーショナルだったろうなぁ。
H関係の内容はちょっと SATC っぽかった。二丁目とかおしりネタとか出てきて、SATC 見る前に読んでたらちょっと目が点になってたかも (笑)

バブル時代の非行少女の生態がわかって興味深かった。もちろん不幸な生い立ちの子が多いので、やりきれない気持ちになりますけど…。飯島さんちは結構ちゃんとしたいい家なんだけど、いろいろあって飛び出してしまう。そして、生活に困ってオミズの世界に入っていくんだけど、いやすごいですね。中学や高校行ってる年代の女の子が、こんな生活してるってのが、田舎モンの私にはほんと、べべ、別世界。

私だって中学高校の頃は家を出ていくことばっか考えてたけど、ここまでする根性はなかった、ってことですわね。しかし、飛び出してたら、今頃どうなってたんだろう、とか考えると、ちょっと怖い。

飯島さんも頭いいのに、生き方不器用というか、宵越しの金は持たねえ、みたいに浪費癖があるみたいだし、将来のこともっとちゃんと考えてよ~!と肩揺すぶって言いたくなりました。いや余計なお世話ですけども…。
まあ綱渡りな生活してたのは20年も前のことで、この本書かれた頃には芸能界で頑張って仕事してたんですよね。
なんとか孤独死を防ぐことできなかったんでしょうか…。うちのねーたんは年が近いし一人暮らしなんで、彼女のニュースがかなりショックだったみたい。


うーん、こないだのロンハーSPのこと書きたかったけど、なんか話題が変わり過ぎるなぁ。
また今度…っていつになるかわからんけど

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。