水星部屋

映画や本などのよもやま話。 海外もの(ドラマとか)が多いかも…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年5月

前の日記(2005年2月~2006年6月)のログをいちおう保存しとこうと思いまして、こっちに1ヶ月分まとめてコピペすることにしました。別に読み返しはしないけど、消すのもなんだか寂しいので…(by 管理人)

********************************************************

アンジェリーナ・ジョリー自らを語る

とりあえず…

ジョリ姐さんが今晩深夜 NHK 総合で語られるそうなので、良かったらご覧になって(って遅すぎる)
ボーイフレンドとリストカットした経験や赤裸々な●体験、共演の女優さんと恋に落ちた話など、かなりビビらされました。姐さんコワイよ~ o( >_< )o


『恋愛小説家』
原題: As Good As It Gets
出演: ジャック・ニコルソン、ヘレン・ハント

先月は BS2 で割といい映画やってたので、とりあえずいろいろ録画してます。『恋愛小説家』 はまあシブめというか遅咲きの恋の話で特に語ることもないんですけど(いやいい映画ですよもちろん)、この原題 As good as it gets があちこちで冗談のネタにされてるのでひと言。

文脈によって良い意味にも悪い意味にも使われて、良い意味だと「いける限り最高の」となるけど、この映画の中では、「これが良くなる限界(これから悪くなる一方)」みたいな悪いほうの意味みたい。
QAF (げぇの方々のドラマね)でエメットのエロビデオ・コレクションの中に、As Big As It Gets とか Big D●ck Hunting とかあってぶはっと笑っちゃったんですけど、これは『恋愛小説家』と『グッド・ウィル・ハンティング』のパロです(笑)。あともういっこタイトルあったけどナンだったか忘れちゃった。

ま、とにかく As Big As It Gets で何が限界まででかくなるのかはお分かりですね(*^_^*) この映画が公開直後はあちこちで色んな人が(スターも普通の人も)このフレーズ使ってました。気がついたらニヤリとしてくださいませ。



2006年5月1日(月) No.108




宇宙戦争

ほか『アイランド』、『バットマン・ビギンズ』 レンタルしてきました。
(あー連休なにも予定がないのがバレバレだ…)
で、宇宙戦争みましたが…。うーん、なんか後味が悪い映画ですね。もっとこうトムちんとスピルバーグ監督らしいわかりやす~い娯楽アクション大作と期待してたので、けっこうグロで暗~くてちっとも娯楽にならなかったような…。

あのラストはどういう意味だったのかもよく分かってなかったりして。。。
あ~ほんとスッキリしないわ。もっとこうスカーッとするお気楽アクションを借りてくればよかったなぁ(^^;)
おすすめお気楽映画ありましたらぜひ教えてくださいませ~♪



2006年5月2日(火) No.109




アイランド

…と 『バットマン・ビギンズ』 を見ました(連休はジョナ共演者祭りになっちゃった/笑)

『アイランド』がことのほか面白くてびっくりしました。確かこれは3本のなかでも批評も思わしくなく、興行成績も一番悪かったと記憶していたのですが、記憶違いだったのかしら。ストーリーは面白いし(しかし宣伝でネタばれしまくりなので、あんまり驚きはないけど)、キャストは完ぺきだし、アクションはちょっと「それはないやろ~」なシーンもあったけど迫力あったし、見終わって結構すかーっといたしました(満足)。

以下ちょっとネタばれ↓
ゆあん演じる主人公リンカーンはクローンと本体の2人いて、ゆあんが1人二役やってるんですが、本体はスコットランドなまり、クローンはアメリカ・アクセント、という設定が面白い。遺伝子は同じなのに、環境のせいでアクセント違うんですよね。

2人が出会ってなまりが入り乱れの会話するトコが笑えるけど、吹替えだとどうなってるんだろう。後でチェックしてみます。
それで、後半クローンのほうが本体になり代わった後も、ちゃんとゆあんがスコットランドなまりで話してるんだけど、ボロが出てアメリカ英語でたりしないかな~と心配してしまった。

すっかり忘れてたけど、ゆあんはスコットランド人なのに(笑)。
アメリカ人がイギリスやアイリッシュ・アクセントで話すとお笑いぐさになっちゃうことが多いけど、その逆はすごく上手な場合がほとんどですよね。やっぱヨーロッパ人(大陸でなくても)は語学に強いのか…。ゆあんはアメリカ人の役まったく違和感なしで何度もやってるし、ジョナサンもアメリカ南部アクセントまでばっちり話せるし。あとケイト・ウィンスレットやミニー・ドライヴァーのアメリカ英語もすごく上手いらしい。

やっぱあれかな。関西人や地方の人は東京アクセント(って言うんだろうか)で話せるけど、東京の人が関西弁使うと「なんか違う!」みたいな感じかしら(笑)

あ、そんで『バットマン・ビギンズ』ね…。うーん、出演者豪華で期待してた割りになんだかイマイチというか…。やっぱアタシは期待するとあかんな。『アイランド』は無期待の勝利だったのかも。でもベエルはよかった。年々カラダがすごいことになってるような気がするけど気のせいかな。筋肉増強剤とか使ってないといいんですが…



2006年5月5日(金) No.110




アイランド(つづき)

2回目見たけどやっぱり面白かった。ネットで他の方の感想とか見ると、どーもあんまり好意的ではないみたいなんだけど、どうしてかしら…。高速で鉄アレイみたいな鉄のカタマリが降ってくるシーンなんかド迫力でドキドキしたんだけどなぁ…。それにスカーレット・ヨハンセンが夢のようにキレイ。まさにユングの言うところのアニマ。セクシーな女性No.1って 『アイランド』 みた男どもが投票したんじゃないかな。

あ、ゆあんのなまり対決のシーンが日本語吹替えでどうなってるか見るつもりだったのに、忘れてた…。もっかいチェックしようと思ったら、ままんが気を利かせてすでにDVD返却しちゃってた(涙) うーん、テレビですぐに放送されるかしら…

またちょっとだけネタばれ↓
病気や事故で臓器が必要になった時の保険として、金持ちがクローンを作っておく、という設定はなんか既にありそうで怖い。本人が死んじゃって、クローン再生で甦らせるんならいいと思うんだけど、臓器だけいただいて後は用無し、ってのがグロい。でも自分は酒池肉林のただれた生活しといて、クローンには粗食摂生運動させるってのは確かにラクでいいな。やっぱ金持ってたらこういう自分勝手なことしたくなるのかも。

外国で豚の肝臓を人間に実験的に移植するってのがあったけど、それと同じことか…。肝臓取られた豚さんの人権(豚権)については誰も考えてくれないんだから気の毒…。あ~そんなこといってたら食べるために牛や豚や鶏飼うのだって非人道的な行為だし。こういうこと考えたら生きていけなくなるなぁ。


ところで、ファイル転送できなくてサイト更新できないんです。すいません。
ファイル転送ソフトが悪いのかサーバーが悪いのかよくわかんないんですが…。それにしてもモモたんあちこちに出ててすごいなぁ。
「アンタ彼が M:i:3 に出てんのすごいイヤでしょ」と友人に言われてしまった(ぎく)。
そーよ、のうまんもモモたんもメジャーになるのイヤなの。悪いかきぃぃ~


2006年5月9日(火) No.111




メイドが欲しい…

(執事でもいいです)
と思う今日この頃。

わたし家事全般があまり得意ではないんですが、特に掃除が苦手で、気がついたら部屋とかすごいことになってます。今もヘタに動くとホコリが立つので、なるべく動かずにじっとしてる状態…(をい)

苦手なことを要領悪く自分でやるより、お金払ってプロにやってもらったほうがかえって経済的、とは思いますが、お掃除の人を頼むにしてもその前に一回部屋の掃除をせんことにはなぁ…(汚すぎて人を上げられません)


キレイ好きのメイド・執事求む。容姿端麗ならなお良し


こんな広告出して来てくれる人いるんだろうか(いねぇだろうな)。

ところで、BL好きの某様んちに、いわゆる振り込め詐欺の電話がかかってきたそうです。「お宅の旦那さんが痴漢行為で捕まって…」とかいうやつらしいんですが、今どきこんなのにひっかかる人いるのかしら。

ま、とにかく某様はちょうど旦那さんとメールの最中だったので、こんな電話かかってきてると旦那さんにお知らせしたら、「ウチの旦那は男にしか興味ありません、って言っとけ!」と言われたんですて (←わはは!旦那さんツワモノ)

で、そのとおり言ったら、がちゃん!って切られちゃったそうです。失礼なやつらめ。「もっと話聞けよ~」と某様もお怒りのご様子。
「(男同士が)どうするのかとか教えてやんなさい」と旦那さんに言われてたそうなんですけどもね ←すげー夫婦だ(^^;)

まーでも素晴らしい撃退方法ですよね。「あんたら振り込め詐欺でしょ!」とか言うと、逆切れして「あ、そーいうこと言うんですか。もう旦那さんおしまいですね」とか脅してくることもあるらしいんで、がちゃん!と切られるのは気分悪いけどマシなほうかもしれない。でもヤリ方教えてやったらどんな反応されるのか見てみたいなぁ…(*^_^*)



2006年5月12日(金) No.112




卒業の朝

2004年アメリカ
出演:ケビン・クライン他

BS2 で夜中にやってて、まあこれも例によってあんまり期待せずにみたら、結構おもしろかった。いわゆる教師モノで、なんだか事情ありの不良の転校生を熱血指導で更生させる話かと思ったら、あにはからんや、意外な方向に話が展開。目ぼしい俳優もいないし、非常にぢみな作品だけど、鑑賞後の気分は悪くないので、お勧めです。

今さらだけど、教師って大変な仕事だなぁ。善意でもって接しても裏切られたり、心ないこと言われて傷ついたり。打たれ弱い私なんかすぐノイローゼで退職するわきっと。「自らを語る」シリーズでゲストへの10の質問の中に、「絶対にやりたくない職業は?」ていうのがあるけど、私は「害虫駆除業者」と「教師」かなぁ…(この2つを同列に語るのもどうかと…)


ところで一昨日 『M:i:III』 のエージェントIDカードが届いただよ。。。
メンバーの中から精鋭を選出し、ってあるけど、クジ運最悪の私に来るくらいだから全プレだったんだろうか。あ、週に500名も当たるの? じゃあほとんど全プレか半プレなのかしら (んー。なんだかしょぼん)


2006年5月19日(金) No.113




iPod が来たよ~

買う買ういってぐずぐずしておりました iPod Shuffle やっと買いました~♪
いちおう母の日のプレゼントってことで…(いいこだねぇ…げほげほ)

商品画像だといまいち大きさが分からなくて、なんとなく携帯くらいのサイズなのかなぁと思ってたら、すごく小さくてびっくりしました…。指2本くらい?(あ、なんかBLみたいな言い方ね←こら#) いや~携帯テクノロジーってすごいなぁ(←技術の進歩に取り残されてる人)
私も自分のが欲しくなったけど、通勤するわけでないし出かけることも滅多にないので出番がないってのが哀しい…。旅行いく時とかあったら嬉しいかな。あ、でも充電器もってかないとダメか(うを~使えん!)

心配していたシャッフル機能も曲順再生と切り替えできるので別に問題なかったです(そりゃそーだな)。いや、まぢで次再生される曲が選べんのかと心配しておったんです。必要最小限の機能だけど初心者には充分みたい。容量も512MBで全然問題ないし。ありがたいのが、フラッシュメモリとしてファイル記憶用ドライヴとしても使えること。ままんは今まで Buffalo Clip Drive 256MB を使ってたんだけど、これは私がいただいちゃったので(^^;)、これからは iPod を使ってもらうということで、かなりセコい母の日プレゼントになってしまいました(えへ)。


処刑人特別版 がえらい早く着いたんだけど、特典をちょっとチェックしただけで、放りっぱなし…(いかんな)。いやだって、目新しいのがなんもないんだもーん。監督コメンタリーでさえ使い古しみたいだし(おのれ)。
どーも近ごろ無気力でいけません。そーいや去年の今ごろも無気力廃人状態だったけど、やっぱ5月病みたいなもんかしら。いやでも去年はノーマン・サイトで大ポカやって、取引先と気まずくなって仕事干されそうになって、8年付き合った相方とコンビ解消して、たぶん一生完治しない病気と診断されて、なんかドツボにはまってたんだけど(結構ヒサンかもしれない…)


2006年5月27日(土) No.114

スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。