水星部屋

映画や本などのよもやま話。 海外もの(ドラマとか)が多いかも…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

硫黄島からの手紙

はーすんごい長期放置すみません…
なんだかいろいろ書かない理由を見つけて放置がクセになってしまったなぁ。

しかも最後の記事はあんまり好きくない人の話だったし (てへ)
その後テレビでよく見かけるけど、やっぱ好かんわ(笑)
はるな愛にすごく無礼な感じだけど、ネタというかキャラ設定なのかな。
いちおう芸能界の先輩ですよね?
「組合員のかたがたは皆友達」と勝手に思ってましたが、そういうもんでもないんでしょうか。


さてさて、映画の話。

硫黄島からの手紙 [DVD]

硫黄島からの手紙 [DVD]
(2006)

渡辺謙、二宮和也
伊原剛志、中村獅童、他


だいぶ前に録画してたんだけど、イーストウッドだし戦争映画だし、どうせ暗~くて悲惨で鬱々とした話だろうな~と、なかなか観る気がしなかったんですが、観たら意外にもよかった。

つーか萌えた。 (ああ、なんかすいません

ニノと栗林には絶対ラブがありますよねッ (鼻息)
あっいかん、役名と中の人の名前がごっちゃになってしまった…。
えーと、西郷と栗林中将?
最初は上官のやり方や戦争そのものに懐疑的だったパン屋の西郷一等兵くんが、新任の栗林閣下の人柄に触れ、だんだんと心酔し、閣下のためなら命も懸けられるほどに慕うようになる様子が上手く描かれてますなあ。
ニノ君見直した。

戦争映画だってことで覚悟して観た残酷描写もそれほど酷くなかった。
手榴弾での自決シーンはかなりグロかったけど、そこだけだったかな。
あとハリウッド映画でよくある、なんちゃってジャパニーズ・カルチャー描写がほとんどなかったのも感心しました。イーストウッド良く調べてるねぇ。
千人針とか今では日本人もほとんど知らない習慣は、海外ではどう翻訳されてんでしょうね。
『ラスト・サムライ』とかツッコミどころ満載だったけど(それはそれで面白かったが)、『硫黄島』はそういうのない分、ストーリーを真面目に受け止めることができました。

さて、以下は真面目な戦争映画にあるまじき不真面目な腐れ感想なので、嫌な人は絶対読まないように。

    ↓
続きを読む
スポンサーサイト

キャットウーマン

にゃんこ座りがかわいいゾ♪

キャットウーマン 特別版 [DVD]

(2006)
ハル・ベリー、ベンジャミン・ブラット



ラズベリー賞を受賞した迷作ってことだけど、私は結構楽しめました。
まあハル・ベリーが好きだから、かなり甘い評価だとは思うけど。あと、猫が出てるとそれだけで、でれ~っとやに下がっちゃうしなぁ~(でへへ)
にゃんこかわいかった~

ラジー賞最悪主演女優賞をもらっちゃって、きちんと受賞のスピーチをしたお茶目なハルさんに好感度アップしたというのもありますしね。
やっぱカラダきれいだし~♪(←カラダきれいな女優はそれだけで好きになる)
猫ポーズがいちいちサマになってます。確かに、ミシェル・ファイファー版キャットウーマンのほうが猫っぽいかもしれないけど、ハルさんも悪くないと思う。

ああそれから悪役のシャロン・ストーン姐さん。この役にピッタリですな!なんかもう悪~い(読み:わっる~い)オーラがぷんぷん漂ってて、凄みがあるなぁ。
この人も結構な年だと思うけど、やっぱり光り輝くような美しさ。CG処理してらっしゃるんかしら(^^;)
最後に顔ケガしちゃうけど、美しい顔に傷が入るとイタイなぁ…。
話自体も面白かったと思うんだけど、なんでこんなに評価が低いんだろう。
シリーズ化しそうな終わり方だったけど、続編は作られないのかしらねぇ(こんだけ叩かれてりゃな)


最近、雑学問題を出すクイズ番組が増えてますね。勉強になるけど、あちこちで雑学番組やってるから、問題かぶってたりして…(笑)
まあ同じ問題なんど聞かれても、答え忘れてたりするんだけど(あほ)
金閣寺と銀閣寺の正式名称なんて何べん言われても覚えられへんわ(笑)
ちなみに答えは 「鹿苑寺」(ろくおんじ)と「慈照寺」(じしょでら)
こうやって書いてもやっぱ明日には忘れてると思う(苦笑)

あとぜひ欲しいのが屁負比丘尼(へおいびくに)
昔、人前で放屁することは大変な恥であったので、良家の娘には中年の尼さん(比丘尼)がついてまわって、娘がプーした時には、「今のはわたくしでございます。大変失礼いたしました」と放屁の罪を被ったという…。スゲー職業だなぁ。
わたくしも嫁入り前の大事なカラダ(笑)なので、評判を落とさぬためにぜひにも雇いたい。
ままんには一笑にふされちゃったけど。 (くっそー

007 カジノ・ロワイヤル

おちょぼ口のボンド君
007 カジノ・ロワイヤル
デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]


(2007)
ダニエル・クレイグ、 エヴァ・グリーン
ジュディ・デンチ; ジェフリー・ライト
マッツ・ミケルセン



あちこちで絶賛されてたダニエル新ボンド、ようやく見ることができました
最初は「悪くないけど、別にそんな特別イイってわけでもないんじゃ…?」といまいち皆様が萌え盛ってる理由が分からなかったんですが、後半にきて分かりました。

ええ、あれですよあれ。
腐女子大好物の 拷問シーン(ふー。)

そうそう、シンプルな責めが一番効くのよねぇ~♪(踊るな)
きっとごっついスラッシュが書かれてるんだろうなぁ…。でもタ●つぶされても吐かないってシークレット・エージェントってスゴイなあ。私なんか話きいてるだけで、もうビビってましたが
ダニエル・ボンドはユーモアのセンスも忘れず、痛めつけられてもヒーヒー笑ってましたねぇ…。

最後に椅子蹴っ飛ばして、ダニエルご開帳~状態だったけど、どうやって撮影したのかしら(はぁはぁ)。ゴーモンよりゴーカンのほうがダメージが大きいと Banana Fish でも言ってたけど、そっちはヤル気ないのね。(いや腐女子の頭の中ではヤラれてるだろうけども)

とにかくこのシーンの後では、ダニエルの全てが可愛く見えてきました(←病んでる)
まつ毛なんかすごく長くて金色に光ってて、某カワイコちゃん(SPF)を思い出させます。金髪ボンドもいいもんだな。
口をきゅっととがらせてるように見えるトコもええでええでvv

相手役のエヴァ・グリーンがまた私の好きな女優さんで、2人の絡みは見てて楽しい♪ 彼女のカラダがまた美しいのぅ。
それから冒頭のアクション・シーンでひたすら走ってた黒人の爆破魔(?)の逃げっぷりがまたカッコよかった。韋駄天走りで走る走る(笑)
で、結論としては、やっぱりすっごく面白かった

でも次が作られても見たいかどうかと言われたら、ビミョー…。
ボンド・ガール次第かな。


他にもレンタルしてきたので、ちょびっと感想。

『フライトプラン』
うまい話だけど怖ぇな。ラストまでジョディー・フォスターが誤解されたままの不条理オチになるんじゃないかと恐れてましたが、ハリウッド映画でそんなコトは有り得ませんでしたな(笑)
そして相変わらずもったいない使い方の豆氏…(しーん)

『キング・コング』
ナオミ・ワッツうるせぇ。(悲鳴が)

『エリザベスタウン』
劇場公開のときに、ぎゃーぎゃー大騒ぎしてたんだけど、結局見にいくことができなくて、その後聞こえてきたひっどいレビューに恐れをなして、ずーっと見れないでいた。(でも勇気出して見た)
まあ評判どおりの映画でした(笑)
正直、何がしたかったのかよくわからん話だった。王子のファンでなかったら最後まで見られなかったと思う。でもファンには実においしい映画

スの王子がたっぷり見られて、まあそれなりに楽しめた。大失敗してぼへーっとヘタレ顔で放心してたり、ケラケラ笑ったり、涙ぐんだり、いややっぱ可愛いのぅ…(でへへ)

あと、各方面と一部の特殊な方面(どこ?)で評判の『スーパー・ナチュラル』の1巻も借りてきたので、時間あったら感想書く…かも(たぶん)

バックトゥー・ザ・フューチャー

BS2 のマイケル・J・フォックス特集で3部作を一挙放送してくれたので、久しぶりに全部まとめて見ました。いや~やっぱ名作だ
SFだしコメディーだし、私の大好物のタイム・パラドックスもの。これぞ娯楽映画のなかの娯楽映画。何度見ても楽しめます。

マイケル・J・フォックスも器用というか運動神経発達しすぎ(笑)というか、車ひょいと飛び越えたり、あり得ないとこ歩いて抜けたり、動きがすばらしい。ほんとはこの頃から病気の症状が出てたそうなんだけど、そんなふうには全然見えないなあ…。

とにかく気分が浮上したのは間違いないです。当分の間、BGVに使わせてもらおうv


しかし最近また暑いですね。一度涼しくなってからぶり返すと、よけいしんどいわ。お水を飲んでも飲んでも喉が渇くような時は、確かに塩を少し水に入れて飲むと、渇きがおさまる(ような気がする)けど、食事で塩分控えるクセがついてるのに、飲み物で塩を摂るってなんか納得いかんわ~(笑)

でも今年は夏バテしませんでした。わたくし今は空前の健康オタク(笑)で、体にいいことしかしてないので、一生で今が一番健康かもしれない…(ま、肝心のとこに欠陥あるけどさ)
ご飯も玄米に切り替えたんだけど、コレがけっこう効いてるみたい。腸をすっきりさせる作用もあるらしいけど、なんかお肌がぴっちぴちになったような気がします 体重も夏場にしては珍しく落ちてるし…(えへ)。

減農薬で1キロ500円くらいのコシヒカリ喰ってますが、味も私は全然問題なくおいしいです。健康を気にしてる方は試して見て損はないんじゃないかしら。効果を感じるのに1~2週間かかりますが

ダイ・ハード4.0

いや爆弾投げっぱなしでスミマセン…。気がついたら1ヶ月以上たってる…(ぬぬぬ)
検査の順番待ちで私も放置プレイされてるんで、爆弾回収しようにもできないんですの(ホホ)←と言い訳
爆弾とのにらめっこに、さすがに発狂寸前の管理人 (@_@)
と言うわけで現実逃避作戦の一環に「ハゲおやじ」行ってきました

『ダイ・ハード4.0』 期待以上の面白さでありました。やっぱ私ブルース・ウィリスが好きなのかもねえ。初期のダイ・ハードでは現役バリバリの若モン(のつもり)だったみたいだけど、最近はすっかりお父さん役っていうかオヤジ役が板についちゃって…(ほろり)

『アルマゲドン』でもそうだったけど、コギャル世代の生意気な娘と衝突する不器用な(ハゲ)オヤジやらせたら天下一品ですね。コギャルもそうだけど、今回相方やってたオタク少年マット君との相性もよかった。吉本的に言っても大変よろしいボケツッコミだったと思う(笑) しかしアメリカのオタク少年(青年)ってかっこいいなあ。日本のアキバ系とは一線を画してるというか…(どーいう意味よ!?)

この、ボンヤリしたキアヌ・リーブスみたいなツラのジャスティン・ロング君(いやキアヌもボンヤリ面だけど、もっとボンヤリさせた感じ)、すごーくいい味出してると思うんだけど、まだあんまり有名じゃないのかな。これからブレイクすることを期待。

それと、デジタル戦争の最後の希望とかなんとか鳴り物入りで登場したワーロック(ママの家の地下室でごそごそハッキングしてる人ね)、なんかどっかで見たことあるなあ~と映画のあいだ中ずっと考えてたんだけど、どうしても思いつかなくてすごく気持ち悪かった。家帰って調べたら、あっさりわかった。サイレント・ボブだ! なんで気がつかなかったんだろ~。サイレント・ボブなのにペラペラしゃべってたからかな(笑) こういうキャスティングにもニヤリとさせられますね。

女性陣もよかった。マギー姐さんはカッコよかったし、マクレーン刑事の娘役の女の子もすごく可愛くて私好みの顔だった。この子見たさに『ダイ・ハード5』が出来たら見にいっちゃうと思う。


さて明日はハリー・ポッター第7章(最終巻)が出ますね(すでにキンチョ~) amazon さんから今日発送されたと連絡が来てたので一安心。明日からしばらくの間はトリップできそうです(これぞ現実逃避
主要登場人物2人が死ぬ、ってことですが、やっぱハリー…なのかな? ヴォルデモートやスネイプ先生は主要登場人物の中に入るんだろうか。いやーエンディングが気になって先に最後読んでしまわないか心配
実は第5章の時も、「身近な人が死ぬ」っていうのが誰か早く知りたくて、ついつい最後のページを先に見ちゃって…(こらっ#)
もう台無しですね。今回はそんなことないように我が身を律せねば(ムリだろ)

読んだ感想、日記にメモしていったほうがいいかなぁ…。来れたら書きに来ます。書いたほうが頭の中が整理されるし、忘れなくていいんですけどね。

Harry Potter and the Deathly Hallows (Harry Potter 7) (UK)
イギリス版
J. K. Rowling (2007/07/21)
Harry Potter and the Deathly Hallows (Harry Potter 7) (US)
米国版
J. K. Rowling (2007/07/21)

次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。