水星部屋

映画や本などのよもやま話。 海外もの(ドラマとか)が多いかも…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

図書館戦争

図書館戦争 図書館戦争シリーズ(1) (角川文庫)
図書館戦争

図書館戦争シリーズ(1) (角川文庫)

(2011/04/23)
有川 浩


某BLレビューサイトさんでお勧めされてたので、読んでみましたら…確かにハマりました。
何か想像してた話とはだいぶ違ってたけど…

有川浩はてっきり男性だと思ってたので、図書館の本の世界に迷い込んだ主人公がパラレルワールドで戦争して成長していく某少年マンガみたいな話だと思ってた。
全然違った(笑)

あらすじの通り、検閲で武力抗争もある近未来の日本で、本を守るために戦う女の子の話なんだけど、軍隊モノというより、全寮制高校ときめきラブコメデイーてかんじのノリ。
ベタ甘でさすがにこっぱずかしいセリフや場面はあるけど、まあまあ楽しく読めます。

ただ有川作品全般に言えるんだけど、あんま主人公の女子に魅力を感じない(すまん)
それより男同士の友情のほうにもうちょっと焦点当ててくれんかな~と(をい)

どう見ても小牧教官は堂上LOVEでしょーがッ!!
手塚も堂上命でしょーがッ!!
フツーこの2人が堂上取りあうのが王道(腐)ストーリーでしょーがぁッ!!

と、間違った方向に怒りが向いてしまいました(スイマセン)

コミック版では、手塚が堂上LOVEっぽいんですけどね(ニヤリ)


某動画サイトでテレビアニメも見れますのでお勧め。
堂上教官かっこいいな~
でもやっぱ受っぽいな~(こら

あ、ちなみに堂上と手塚(の中の人)たちによるWebラジオが聴けます。

関東図書基地広報課 図書特殊広報隊 Web Radio

すんげーお下劣なんで、イメージダウン必至です(笑)
視聴は自己責任で


それから実写映画も作られるってことで、こちらも楽しみ♪

映画『図書館戦争』公式サイト

岡田さんはSPの時からファンなんで、このキャスティングには脱帽であります。
トレイラーでちらっと見ただけでも堂上教官ピッタリですねえ…(ホクホク
スポンサーサイト

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

風が強く吹いている

風が強く吹いている (新潮文庫)

風が強く吹いている (新潮文庫)
(2009/06/27)
三浦 しをん



このところ三浦しをんにハマってます。
最初はエッセーから入ったんですが、なんかもうこれが私のドツボにジャストフィット(笑)
BLがお好きなようで、腐り視点の妄想話もしょっちゅう入って、もう大喜び
あと年齢が近いからか、子供のころに読んだマンガやアニメが同じで嬉しくなっちまいます。

小説のほうはどんなんかいな~と『格闘するものに○』や『ロマンス小説の7日間』なども読んでみましてウォーミングアップしてから『風が~』に行ってみました。

読む前は、走れメロスみたいな絵だな~駅伝スポコンものか~あんま興味ないんだけどな~(をい)とあまり前向きではない読書姿勢だったんですが…

夜読み始めて、もう途中でやめられず、朝5時くらいまでかかって読んじまった…(ぐったり)

いやまあレビュー通りの熱血スポコンものなんですが、表現が良くも悪くもマンガっぽい。
私の脳内には萩尾望都の画が浮かんできましたよ。
特に『王子』が息も絶え絶えにヨロヨロ走ってる姿は萩尾先生定番のクリクリヘアーの少年姿で再生されました。

三浦しをんも萩尾望都の大ファンだそうなので、表現が似てしまうのか。
スポコン感動モノですが、小ネタのギャグも満載で吹き出す場面多数

映画もあるんで見てみたいけど、レンタルしてまで見たい訳ではないんで、NHKとかで放送してくれんかな(をい)

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

お久しぶりです…

生きてます

トンデモごぶさた大変失礼しました。
もすこし真面目にブログ書こうと思いました次第で、サイトの模様替えなぞしてみました。

最後の投稿2010年2月…(ぐぐ)

いやほんとすみません。3年空けなくてよかった(ハハ)
書きたいことはいっぱいあったんですが、沢山あり過ぎてどれを書いたらいいやらわからず、そうこうするうちその話題が古くなり…てな感じでした。

しかし色んなことがございましたね。
栗本薫先生が亡くなり、マイコーも逝ってしまい、そして大地震。

皆様のところは大丈夫でしょうか。
ついこないだも大きな余震ありましたが、2年近くたっても余震…
まあ地球規模で考えたら1年や2年はうたかたのようなものなんでしょうね。

ものすっごく寒くなって参りましたが、皆様お体ご自愛ください。

女子ー!!

フィギュア女子ー!!はそんな興味なかったんですけど、あんまり大騒ぎしてるからついつい見てたら、結構マジ入っちゃった(てへ)
見てるだけの私でもドキドキ手に汗かいてたんだから、選手たちの心臓や頭の中なんかどんな騒ぎでしょうねえ…
私もSPの順位と得点は納得いかなかったけど、フリーの演技ではしょうがないか、って感じですかね。
やっぱあれだけのものを背負って、五輪の大舞台でノーミスで滑り切る精神力に脱帽。
ジャッジも本来そんな『心付け』みたいな得点つけたらアカンけど、やっぱついうっかりあげちゃった…みたいな(苦笑)

まーでも不満・不信を感じる人は世界中にいらっしゃるようで、いろんなエライ方がコメントしてるようですが、もう言っても結果は覆らないしねえ…
と言いつつ、こちら(↓)のブログさんがまおちゃん寄りの記事を書かれてるので、ちょこっとリンク。
とらっくばっくとやらの仕方がわからないので、そのまま貼らせてもらいます…。

Nereide Design Blog
真央の方が難しい技をしているのに、どうしてこうなるのか?byキャンデロロ
僕だったら真央にもっと加点していた byプルシェンコ …そしてキムヨナ五輪憲章違反で失格処分?

ネットの記事ですから話半分に聞いとくほうが無難ですけど、ホントなんでしょうかね~(失格?とか)
オリンピックの2.26事件として、議論も白熱してるようですが、あんまし大騒ぎして中傷合戦みたいになっちゃったら、傷つくのは選手だし、もう忘れて次行ったほうがいいのかもですね。

あ、でも男子ー!!のほうはやっぱ納得いかん!(まだ言うか)
ジョニー・ウィアー応援してたのに、6位か…
五輪前に世界まるみえで特集やってたんだけど、親友の男の子と一緒に泡ブロ入って、オネエ言葉でコント?みたいなのやってるアホな映像とかあって、笑ろた。
アホな子ほどカワイイって真実よねぇ…
ポップスターっていうよりお姫さま?

ジョニー・ウィアー 氷上のポップスター [DVD]
(2010/02/03)

ジョニー・ウィアー
プリシラ・ヒル


あのおばか映像、じょにーくんのDVDに入ってるのかな?
いま在庫切れでわからん…。日本にもファンがいっぱいいるんだねぇ


えーと、五輪の順位だけど私的には

金:プル
銀:ダイスケ
銅:じょにー


かなぁ…。プル様は特にファンというわけではないけど、金をとれない理由がないというのが理由かな。
正直ライサはつまらんかった。電柱ころりんって感じ?(をい)
高橋はひいき目なしに素晴らしかった~。これは各国のコメンテーターも同意見みたいだし。
ただ、4回転成功しててもプルに勝てたかどうかはちょっとわからないけど…

じょにーくんはノーミスで芸術的でうづぐじがっだ~のに、なぜ… (傷心の管理人)
しかし薔薇の冠 かわいかったですね~♪
コーチがいったん取ろうとしたのに、「ヤダ、このままがいい~」って感じで被りなおすじょにーくん
(ほんとおちゃめさんねぇ…


ところで、いちいち男子ー!!とか女子ー!!とか叫んでしまうのは、狩野英孝の曲のせい…。
どっきり企画からのまさかのアルバム発売で、しかもけっこう売れてるらしい。
本人また調子乗っちゃうだろうな~(苦笑)
んでもほんと曲はいいので(というかオモロイ)、つい繰り返し聞いちゃって鼻歌も止まらにゃい…
(でもなんか元気出るです)

50TA=狩野英孝なの。へんなの
50TA
(2010/02/10)

40女と90日間で結婚する方法

あらふぉー向けドラマ。
40女と90日間で結婚する方法
スペシャル・エディション [DVD]


(2010/04/23)
市原隼人、飯島直子



いやもうひでータイトルですが、どんなんだろーと興味わいて観てしまったので、結局まんまと奴らの作戦に引っかかったわけです
でもほんと面白かったですよ~。
もとはケータイTVで1話10分の連続ドラマだったそうで、安い作り?かもしれないけど、1話10分のせいか編集とかすみずみまで気を配ってるような気がしました。
あ、全12話を再構成して2時間ドラマにしたそうなんで、編集はあとからがんばったのかな?
でもカメラワークとか音楽とかギャグとか掛け合い漫才(笑)とかテンポよくて一気に観ました。

飯島直子は独身アラフォー美容師、仕事では成功してるけど私生活はオヤジみたい(一人で焼酎呑んだり)
そこに23歳のエリート広告マン市原隼人が現れて、好きだ結婚前提に付き合って攻撃。
いやもう妙齢のおなごの夢(妄想)みたいなドラマ(笑)
もちろん飯島直子は、「そんな男、あやしすぎる!」と疑い続けるけど、市原隼人はあの天然な感じでガンガン押しまくる…!

この市原クン、世間的には純でまっすぐな爽やか好青年?なのかもしれないけど、私はどーも好かんかった。
なんか腹黒っぽいというか裏がありそうな感じで…。
そのイメージが、この役の怪しいとことピッタリはまってた。
40女を攻略する作戦練ったりして、なーんか悪だくみしてるようないや~な顔でニヤリと笑ったりするんだけど、市原クン素でやってたんじゃないかしら(笑)

で、恋愛ドラマお約束の誤解やら二股疑惑やらすれ違いやらいろいろあって、さらに後半、本当の事の真相も明かされて、いやはや楽しませてもらいました~!

BeeTV 公式サイト で、紹介動画見られますので、雰囲気だけでもどうぞ。
再放送してくれたらいいんですけどね…。


深夜に 『24』 シーズン7放送してるんで懲りずに観てますが、やっぱハマりますねえ。
場所を変え人を変えつつ、やってることは以前と同じなのに、つい見ちゃう。

国家の一大事 → ジャック暴走 → ジャック ピンチ&命の危機
→ 巻き添え/身代わりで誰かが死ぬ → ジャックは無事 → ジャック嘆き悲しみ大暴走


これの繰り返しであります(笑)
あ、シーズン7は初の女性大統領ということで、おべんきょになったことが1つ。
「大統領」と呼びかける時、今までは「ミスター・プレジデント」と言ってたけど、女性大統領の場合は
「マダム・プレジデント」となるらしい。
「ミセス・プレジデント」だと、「大統領夫人」になっちゃうんでしょうね。
そんで女性大統領の旦那さんは、ファースト・レディーならぬファースト・ジェントルマンだそうで(笑)
いや~語学って奥が深いなぁ…。
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。